自社ブランド立ち上げ Web戦略

アパレル自社ブランドを立ち上げる3つのステップ ネットからリアルへ

Googleで、「アパレルブランド 集客」と検索すると、84万件ヒットします。この数値からも集客の悩みを抱えているアパレルブランドが、いかに多いかがわかります。

「オリジナルブランドを立ち上げたけれど、どうやって集客をしてよいかわからない」
「ネットショップで自社ブランドの販売をしているが、販路拡大のヒントがほしい」

本日は、そんな方々に向けて、ブランド立ち上げから集客までのステップについてお話ししたいと思います。

ブログで、あなたのアパレルブランドを発信するところからスタート

販売というと、テレアポや、ネット販売が思い浮かびますが、まずはお客様にあなたを知ってもらう所からはじめましょう。

商品を誰に届けたいのか、明確なヴィジョン、とあなたの人となりを発信して行くと良いと思います。

「営業はものを売るのではなく、人を売る」という、営業のあり方をうたった古くからの格言がありますが、その「人」を売る役目をブログやSNSに代わりにやってもらうのです。

この体制を先駆けて構築することは、後々のテレアポや、ネット販売において、多いに役立ちます。

ブランド立ち上げの初期段階において、お金と時間を投資する余裕がないという場合もあります。おすすめなのは、アメブロで有名なブログサービスとTwitterの活用です。

私の場合、業種は靴下のOEM製造業になりますが、JugumというGMOソリューションズが運営しているブログサービスを利用するところからスタートしました。

実際に毎日ブログを書き続けているうちに、数ヶ月後から徐々にお問い合わせが入りはじめました。

https://jugem.jp/

Twitterも気軽に始めることができるSNSサービスです。不特定多数の方々へ向けて情報の発信ができるツールです。

あなたが興味を持った企業様や、個人の方々をフォローすることにより、あなたの存在を知ってもらうことが可能です。

フォローがえしと言って、フォローをされたらフォローしかえすという習慣もあり、楽しんで使っているうちに、フォロワーが増え、拡散できる範囲が広まっていきます。

ブログとTwitter、ぜひ試してみて頂くことをおすすめします。

デザインフェスタなどのイベントへの出展を検討する

ブログやSNSでのブランド発信にある程度慣れたら、次はリアルでの販売を検討します。

まずおすすめなのはデザインフェスタを初めとする、即売会への出展。デザインフェスタのホームページによると、2日間で、1万2000万人もの方々が来場するするそうです。


http://designfesta.com/

デザインフェスタは、あなたのブランドを多くの方にアピールするチャンスを与えてくれる一大イベントです。

出展時に、ブログやSNSのURLを記載したパンフレット、名刺などを配っておくと、あとからお問い合わせが来る可能性も大きくなります。

その他、フリーマーケット、ものづくり市など、各地で行われる催事に参加するのも良いかもしれません。

認知度が上がった所でネット販売、そして売り込み営業へ。

ネット販売は競争も激しく、顔が見えずらいので、単独で売り上げをUPさせるには時間がかかるかもしれません。

サイトの運営費用、商品撮影やサイトへの画像のUPにある程度の時間を割く必要もあります。

ブログの執筆と拡散、そして催事などの参加を通じて、ある程度認知度が上がった時点で、ネット販売に進まれるとより効果的なのかもしれません。

リアル営業にも役立つブログ

テレアポで商品の売り込むを行うにしても同様です。私の場合も、初めにブログを立ち上げてから,弊社に興味を持って頂けそうな会社のリストを作成し、テレアポを取るところから開始しました。

18歳からずっと中国畑を歩んできた私が、初めて営業という仕事に触れたのは起業してからでした。

私は口下手で、かつ吃音の気があります。電話口で長々と弊社とお付き合い頂くことのメリットを、お客様に説明する自信がありませんでした。

興味があればメールを送信して、数日後にまた電話をしてアポイントメントをとる営業スタイルでした。

その中で、ブログを読んでくれるお客様が思いのほか多く、メールを送信してから数ヶ月後、お客様からお問い合わせを頂けることもありました。

オリジナルアパレルブランドを立ち上げる3つのステップ ネットからリアルへついてのまとめ

Webでの宣伝とイベントへの出展を繰り返しある程度認知度が上がった時点で、ネット販売やリアル営業に進まれるとより効果的なのかもしれません。

あなたの実績としてお客様に説明することができますので信用度が、グッと高まるのではないでしょうか。

急がば回れの考え方で、まずはじっくりと「明確なヴィジョン」と「あなたの人となり」を、ブログやSNSで発信することが、その後のビジネス展開に多いに役立つことは間違いありません。

小規模アパレルブランドを立ち上げるためのWeb活用方法についての記事です。よかったら読んでみてくださいませ。
小規模アパレルブランドを立ち上げる時のWeb活用方法とは?

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。株式会社ユニオンシステムWEB運営責任者。中国内モンゴルで中国語とモンゴル語を学んだのち、東京のぬいぐるみ雑貨メーカーで9年間生産管理の仕事をする。2014年に起業し、台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドに向けた「伴走型でじっくり取り組む靴下製造サービス」を立ち上げる。台湾工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、工場と二人三脚で数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルで靴下サンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。システムの共同導入がきっかけで、2017年~株式会社ユニオンシステムと業務提携。現在は、ユニオンシステムの秋葉原事務所で仕事をしている。2020年~ドラえもん好きが高じて、ユニオンシステムが版権を取得、製造したアイムドラえもん「保湿クリーム」のEC SHOPを運営。現在ドラえもんの靴下も台湾工場で開発中。

-自社ブランド立ち上げ, Web戦略
-

© 2021 旅する靴下工場 ブリングハピネス Powered by AFFINGER5