コンセプト

「また履きたい」と思える理想の靴下を作ります。

私たちブリングハピネスは、発注をされた方のご要望のデザインにて、靴下を製造する「OEM製造」を行う靴下メーカーです。

靴下の販売を展開するブランドが弊社のお客様になります。

OEM事業者である私たちのゴールは、「ご要望のデザイン仕様に従って製造した靴下を無事お客様にお届けすること」です。

ブランドを営むお客様にとってのゴールは、「私たちが製造した靴下が売れること」です。

靴下が売れるためには、デザインも含めて、「靴下を実際に売り場で購入されて、履かれる方に満足頂く」必要があります。

お客様と二人三脚で試行錯誤しながら、「売れる靴下」を製造し続けることが、私たちの使命です。

「靴下は美術品じゃない履くものだ」

私たちの靴下製造工場は、「台湾」にあります。

「靴下は美術品じゃない。履くものだ」

台湾靴下職人の口癖です。靴下はあくまでも「履くもの」なので、「外観だけではなく」「履き心地」も重視しなければならない、という考え方を表した言葉です。

「靴下は履くもの」なので、デザインと同時に、履くという機能について考える必要がある。靴下メーカー視点から見ると当たり前のことです。

しかしながら、靴下を初めて製造するとき、キャラクターなどデザイン性を重視するあまり、「靴下が履くもの」であることを忘れてしまうことがあります。

靴下は試着ができないため、購入しないと履き心地がわかりません。外観だけ同じであれば、初動の売れ行きもあまり変わらないかもしれません。

靴下は「履くもの」なので、買う方は、必ず足を通します。

「売れれば良い」ではなく、デザインに惹かれて靴下を購入したお客様が、実際に靴下を履いて、喜んで頂けることを最も大事に考えております。

私たちが台湾工場を選ぶ理由

細かいデザインの再現と、靴下のはき心地を両立させる技術力が工場の強みです。

「自社の靴下ブランドで勝負をしたい」という方々には、台湾工場での製造をおすすめしております。

台湾で靴下を製作するようになってから、納品後のリピート率も上がりました。

デザインに惹かれて靴下を購入したお客様が、実際に靴下を履かれて、ご好評頂いているのが主な要因です。

「設備」と「技術」そして「マインド」

私たちの工場は「多色機」と呼ばれる豊富な色数の再現が可能な編機を146台保有しています。

「多色機」と細かい網目での再現が可能な「ハイゲージ」を組みわせることで、より複雑なデザインへの対応ができます。

2009年から日本向けキャラクター靴下の製造に取り組んできました。

初めのうちは、キャラクターデザインを再現するのに苦労しました。修正が30回に及んだこともありました。

靴下のデザインは、「ドット絵」と呼ばれる、ピクセルアートで再現されるため、印刷物のように100% デザイナーの指示通りに完成するわけではありません。

理想に近づくように作りこみをする必要があります。

改善を積み重ねる「マインド」があるかどうかは、ブランドを立ち上げるための靴下を製造する際、とても大事になります。

「台湾産地が生き残るためには、簡単で、数量が多い案件ではなく、細かくても、技術的に難しい高付加価値の案件にチャレンジしなければならない。」

社長の言葉に、工場の「考え方」が凝縮されています。

糸の「産地」と「色数」

台湾で靴下を製造する際、糸などの原材料は、メーカーから直接仕入れるため、どこで製造されたか明確になります。

コットンは、等級が高いインド綿を使用しています。ナイロンは台湾製。靴下の伸縮を作り出す下糸と呼ばれる細いポリウレタンのゴムは、日本製になります。

色の種類は、コットン1000色、ナイロン600色から選ぶことが可能です。

工場と二人三脚で「また履きたい」と思える理想の靴下を作り続けたい。

お客様のブランドのデザインとコンセプトに、製造面から見た品質の強みや、生産地の魅力を加えることで、より信頼度の高い魅力的な靴下を販売することができます。

台湾で靴下の製造を開始して以来、11年目になりました。

私たちの強みは、長年培ってきた靴下の経験と工場との信頼関係です。

ご活用頂くことで、台湾の靴下製造工場と東京に靴下製造部門を持つのと同じ効果を得ることが可能です。