靴下製作 製作の進め方

オリジナルデザインのスポーツソックスを製作する方法とは

「オリジナルデザインでスポーツ靴下を製作したい」

「スポーツソックスのOEM製造先を探している」

本日は、そんな方々に向けて、オーダーメイドでスポーツ靴下を製作する方法について紹介して参ります。

オリジナルデザインのスポーツソックスを製作する際の材質と「パイル」について

スポーツ靴下の裏側にコットンのタオル地を加えるパイル加工とは

スポーツソックスを製作する際の材質は、吸水性に優れた天然素材である綿を使用します。

裏側に「パイル」と呼ばれるコットンのタオル地を入れます。

「パイル加工」はスポーツ系靴下を製作するときに多く選択されます。

パイルを入れると吸水性が上がるだけではなく、クッション性が増し、靴下に厚みが加わります。

スポーツ靴下にパイルを入れる箇所の指定について

パイルを入れる箇所についても指定が可能です。

通常は、靴下の足底の半分にパイルを入れる「半パイル」

もしくは靴下全体にパイルを入れる「全パイル」のどちらかを選択します。

スポーツ靴下にパイルを入れるときのパイルの厚みについて

パイルの厚みは、重量のg数で指定します。

参考サンプルがあり、現物をお借りできれば、極力サンプルの厚みに近づくように製作を進めることができます。

オリジナルデザインのスポーツソックスを製作する際の「リブ」について

靴下に入っている畝(うね)のように線状のくぼみを「リブ」と言います。

リブは、靴下を「キュッ」と引き締める役割をします。

激しく動いても、靴下を脱げにくくするために、靴下の履き口からくるぶしまでの範囲内にリブを入れる場合が多くなります。

リブを入れる範囲も指定ができます。

オリジナルスポーツソックスを製作するときのデザインについて

スポーツ靴下を製作するときも、通常の靴下を製作するときと同様「編み込み」または「刺繍」でデザインを表現します。

細かいデザインの再現も可能ですが、靴下としての機能性を重視する場合は、できる限りシンプルにされることをおすすめします。

スポーツ靴下を製作するときのデザインの進行方法とは?

サイズや長さをお伺いし、ご要望に合わせたテンプレートをご提供します。

デザインに不明な点などがありましたら、ヒアリングをさせて頂きます。

クリアになりましたら、靴下のデザインの元になる「ドット絵」を製作します。編み込み靴下のデザインは全てドット絵でできています。

ドット絵が完成しましたら、バーチャルサンプルをお見せします。

バーチャルサンプルは、靴下の編み込みデザインを画像で再現することが可能な、デザインシステムで製作します。

何回でも納得が行くまで修正頂けます。バーチャルでの校正がOKになりましたら、工場で実際のサンプルを製作します。

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けた靴下OEM製作の流れ

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けて「靴下OEM製作の流れ」のページを製作しました。 お客様とのやりとりが ...

続きを見る

スポーツ靴下に刺繍を入れる方法とは?

靴下に刺繍を入れる場合は、編み込みの靴下を製造したあと、刺繍工場で刺繍を入れる流れになります。

デザインを入稿する際は、靴下部分とは別に刺繍のデザインデーターが必要になります。

刺繍の推奨寸法は、3x3cmになります。

刺繍データーは、原寸で入稿します。

イラストレーターで作成した「AI」と呼ばれる原寸大がデーターが必要です。

オリジナルデザインの刺繍靴下を製作したい方へ

「刺繍ソックスのOEM製作を検討している」 「刺繍靴下のオーダーメイド製作に興味がある」 「ワンポイント刺繍が入った靴下 ...

続きを見る

オリジナルデザインのスポーツソックスを製作するときの生産数量について

オリジナルデザインのスポーツソックスを製作するときの生産ロットは、500足〜になります。

500足だとかなりロットが大きく感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

靴下は、500足でも、130サイズのカートン2ケース分にすぎません。もし売れ行きがよくリピートがあっても、在庫ですぐに対応することができます。

オリジナルデザインのスポーツソックスを製作するときの産地について

私たちは、台湾と中国の靴下工場と二人三脚でオリジナル靴下の製造に取り組んでおります。

スポーツソックスを製造する場合は、台湾での製造をおすすめしております。

台湾工場では、売価が高めのブランドの靴下を製造しておりますので、品質につきましては、国産と比べても遜色がありません。

まとめ オリジナルデザインのスポーツソックスを製作して靴下のブランドを立ち上げたい方へ

国内にせよ、海外にせよ、小ロットで製造した場合、単価そのものがかなり高くなります。

販売の絶対数が少なければ、十分な利益を確保することができません。

材質やデザインなど徹底的にこだわり製造し、価格が高くても販売ができれば、小ロットでも可能性はあるかもしれません。

しかしながら、小ロットで靴下を製作する場合、サンプルなど、なんども修正を行い製品を作り込む過程において、工場の協力を得るのが難しい場合があります。

私たちの台湾靴下工場の「500足」という数量は、工場からとことん協力を得るために最低限必要な数量です。

サンプルの製作面をバーチャルデザインシステムで補うことで、実現した数字です。導入前のロットは1200足でした。

「500足」を実現して以来、多くのお客様からご発注をいただくことができました。

台湾で靴下を製作するようになってから、納品した靴下のリピート率もあがっています。

お客様の販売力やデザインが、要因の多くを占めてはおりますが、「靴下そのもの」の品質も少なからず関係していると考えております。

靴下を製作して、ブランドを立ち上げたい法人、デザイナー、クリエイター様には、特に台湾での製造をおすすめしております。

靴下ブランドを立ち上げたいクリエイターやデザイナーの方へ

  こんな方におすすめ私たちの靴下OEMサービス 「クリエイターやデザイナーをしており、ソックスのオリジナルブ ...

続きを見る

サービスメニュー

  • 靴下製作についてのご相談(お気軽にご相談くださいませ)

オリジナル靴下製作についてのご質問、ご相談

オリジナル靴下を製作したい方々に向けて、「製造工場を探したい」「どんな種類の靴下が製作できるか知りたい」など状況に合わせた記事を複数紹介しているページもありますので、よろしければご参照ください。

オリジナルの靴下を製作したい方へ

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

-靴下製作, 製作の進め方

© 2020 旅する靴下工場 ブリングハピネス Powered by AFFINGER5