キャラクターなど子供用靴下の材質について考えてみる

子供用の靴下を購入するとき、デザインやキャラクターで選ぶことが多いと思います。

私の場合、子供の肌は、大人に比べて皮膚が薄くて敏感ですので、どうしても肌ざわりが良いコットンが多く含まれているものを選んでしまいます。

靴下製造という仕事柄、靴下売り場に行くと、靴下についている紙タグに記載の材質情報をチェックします。

特にキャラクターデザインのソックスは、雑貨メーカー、靴下メーカーなど様々な業種で製造されております。

メーカーによって材質やつくりが異なるため、同じ価格でも「靴下としての価値」が大きく異なるところが、とても面白いです。

メーカーによる価値観の違いや、価格で苦労している跡が垣間見えるような気がするからです。

デザインものの靴下は部位によって使われている材質が異なります。

一般的に柄の部分には細目の糸、ベースの部分には太めの糸、靴下の伸び縮みを出すための下糸には、細いゴム糸が使われます。

目次

キャラクタースニーカーソックスの売り場で良く見かける材質パターン別特徴

材質表示が「ポリエステル」「ポリウレタン」

100円、280円など低価格ラインによく見られる材質パターンです。

ベース部分に太いポリエステル糸、柄部分には細いポリエステル糸、下糸と口ゴムにポリウレタンを使用しています。

一般的にキャラクター靴下に使われる糸は、ポリエステルが最も安価です。

化学繊維であるポリエステルは、強度があり速乾性に優れている反面、水分を吸いにくく、吸湿性に乏しく夏の高湿期は蒸れやすくなる特徴があります。

材質表示が「アクリル」「ナイロン」「その他」

ベース部分に太いアクリル糸、柄部分には細いナイロン糸、下糸と口ゴムにポリウレタンを使用しています。

アクリル繊維は、保温性が高いので、セーターなど冬物によく使われます。冬物靴下でも使われています。ポリエステルと同様水分を吸いにくいので、蒸れやすくなる特徴があります。

キャラクタースニーカーソックスを製作する際、アクリルはコットンより安価ですので、価格を下げたい場合もアクリルが使われることがあります。

品質表示法では、材質は使われている分率が多い順から表記し、成分が3つ以上になる場合は、3つ目から「その他」で省略できることになっています。

ここで言うその他はポリウレタンになります。

材質表示が「コットン」「ポリエステル」「その他」又は「ポリエステル」「コットン」「その他」

ベース部分にコットン糸、柄部分には細いポリエステル糸、下糸と口ゴムにポリウレタンを使っているパターンと、ベースにコットンとポリエステルの合成繊維、柄部分には細いポリエステル糸が使われている両方の可能性が考えられます。

ポリエステルが先に来る場合は、ポリエステルの比率が高い、ポリエステルとコットンの合成繊維が使われていることになります。

材料の価格的にはポリエステルが多く含まれているほど安くなります。

材質表示が「コットン」「ナイロン」「その他」

確実に最も多くコットンが含まれているパターンになります。

コットンは、汗などの水分をしっかり吸収してくれるので、肌着・下着といったインナーなどに最適です。

ザラザラ・チクチクといった肌ざわりがほとんどなく、敏感肌や肌の弱い方、アトピー性皮膚炎の方、小さなお子様や赤ちゃんなどにおすすめです。

コットンのグレードによって価格が異なります。

まとめ

ここまで「キャラクターなど子供用靴下の材質について」紹介してまいりましたが、参考になりましたでしょうか。

「靴下を履く」という機能性だけを重視するのであれば、無地靴下を選ばれるのがベストです。

デザインも求めるのであれば、「コットン」「ナイロン」「その他」がおすすめです。

私たちが製造する靴下の品質について下記記事にてより詳しく説明しております。

ご興味がございましたらお読み頂けると大変嬉しく思います。

サービスメニュー
  • オンライン、Email、対面での相談を承っております。

オリジナル靴下製作についてのご質問、ご相談

  • オリジナル靴下を製作したい方々に向けて、「製造工場を探したい」「どんな種類の靴下が製作できるか知りたい」など状況に合わせた記事を複数紹介しているページもありますので、よろしければご参照ください。

オリジナルの靴下を製作したい方へ

  • 台湾製無地靴下の在庫を使うことで、靴下は100足/色~、100足の中で刺繍デザインは2種類までの対応ができるようになりました。

小ロットでオリジナルデザイン刺繍靴下の製作が可能な製造サービスとは?

  • ブログ更新やお知らせ、靴下製造についてつぶやいております。

Twitter「ブリングハピネス公式アカウント」

  • この記事を書いた人のプロフィール

岩村耕平のプロフィール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

合同会社ブリングハピネス代表。中国内モンゴルで中国語とモンゴル語を学んだのち、東京のぬいぐるみ雑貨メーカーで9年間生産管理の仕事をする。2014年に起業し、台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、ブランドに向けた「伴走型でじっくり取り組む靴下製造サービス」を立ち上げる。台湾工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、工場と二人三脚で数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルで靴下サンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。

目次
閉じる