スタッフ紹介

岩村 耕平 いわむら こうへい

合同会社ブリングハピネス代表

株式会社ユニオンシステムクリエィティブ事業部WEB運営責任者

主な担当業務

靴下の製造とコンサルティング。WEBサイトの企画運営

プロフィール

中国内モンゴルで中国語とモンゴル語を学んだのち、東京のぬいぐるみ雑貨メーカーで9年間生産管理の仕事をする。

2014年に起業し、台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドに向けた「伴走型でじっくり取り組む靴下製造サービス」を立ち上げる。

台湾工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、工場と二人三脚で数多くのブランドの靴下製造を手がける。

バーチャルで靴下サンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。システムの共同導入がきっかけで、2017年~株式会社ユニオンシステムと業務提携。現在は、ユニオンシステムの秋葉原事務所で仕事をしている。

2020年~ドラえもん好きが高じて、ユニオンシステムが版権を取得、製造したアイムドラえもん「保湿クリーム」のEC SHOPを運営。現在ドラえもんの靴下も台湾工場で開発中。

詳しいプロフィールはこちら

タケシ Takeshi

株式会社ユニオンシステムクリエィティブ事業部 部長

主な担当業務

保湿クリームとご当地靴下の製造。キャラクター版権の取得。

プロフィール

1990年〜ぬいぐるみ雑貨メーカーでキャラクター商品の企画・製造に従事。

2004年〜株式会社ユニオンシステムの東京事務所開設に伴い大阪より東京へ移住する。2014年~株式会社サカモト様からのご依頼で、ドラえもんのご当地靴下「どこでもドラえもん」の製造を開始。

以来、ご当地グッズとしての靴下製造を多く手掛ける。靴下の製造がきっかけで合同会社ブリングハピネスと知り合い、2017年~業務提携。

2015年〜株式会社セキグチさんの「モンチッチ」の版権を取得し、キャラクター保湿クリームのビジネスをスタート。保湿クリームの製造は大阪富田林市にある50年以上の実績がある化粧品工場に依頼。

東京は住みにくいと思っていたが、とても気に入っている。テディベアの歴史とストーリーに詳しい。

© 2021 旅する靴下工場 ブリングハピネス Powered by AFFINGER5