オリジナル靴下を製作したい方へ

こんな方におすすめ

  • オリジナルデザインの靴下を製作したい
  • オーダーメイドの靴下を作ってみたい
  • 靴下のOEM製造に取り組んでいる

オリジナル靴下の製造サービスを立ち上げて、9年目になりました。

2015年に製作したホームページの情報が古くなってきましたので、当ブログで補完しております。

記事もだいぶ増えたので、オリジナル靴下を製作したい全ての方々に役立つまとめページを製作してみました。

「オリジナル靴下製作の流れ」「よくある質問」の二つのセクションから成り立っています。

「靴下の製作の流れ」は、製作の手順にしたがって役に立つ記事を整理しました。

「よくある質問」は、質問形式でまとめました。未完成の部分は、今後加筆して参ります。

目次のインデックスから、各項目にいけるようになっておりますので、用途別にご活用頂けると嬉しく思います。

目次

オリジナル靴下製作の流れ

製作したい靴下の種類やデザインについてざっくりと検討してみる

オリジナル靴下の製作は、「どんな靴下を作りたいか」検討するところからスタートします。

「サイズ」「長さ」「材質」「デザインの再現手法」(刺繍、編み込み、プリントなど)まずは、ざっくりとでも概要を検討されてから、業者を探されるとスムーズな進行が可能です。

オリジナル靴下を製作するにあたってどのようなデザインの表現方法の選択が可能か紹介した記事になります。

どんな靴下を作りたいか検討するときにも参考になる内容となっております。

オリジナル靴下のOEM製作を行っている業者を探す

「どんな靴下を製作したいか」ざっくりと概要が固まったら、OEMで靴下の製作が可能な業者探しに入ります。

Google検索で探される方が多いかと思います。その際、靴下の製法も検索ワードに入れられると、業者を絞りやすくなります。

(例)刺繍+靴下製作 もこもこ+靴下製作

靴下の製造業者を探される際の、業者選定のポイントについて紹介した記事になります。

私たちをご活用頂くことで、台湾の靴下製造工場と東京に靴下製造部門を持つのと同じ効果を得ることが可能です。

私たちが提供する「靴下ブランドを立ち上げたい」方に特化した、伴走型でじっくりとりくむ靴下OEM製造サービスについて紹介したページになります。

オリジナル靴下を製作する際の見積とロットを確認する

靴下の業者が見つかったら、見積を依頼します。

ご要望の数量や仕様が具体的であるほど、製造業者も正確な見積が出しやすくなります。

予算も合わせて伝えると、的確なアドバイスが可能です。

仕様がはっきりしないと、余白の部分を多く、または、少なく見積もってしまう場合があります。

より正確な見積を出すために確認が必要なポイントについて紹介しております。

オリジナル靴下の生産数量と価格の関係について

靴下の価格は、生産数量、仕様、産地(国産 or 海外生産)など複雑な要素が絡み合って決まります。

小ロットで靴下を製作するときのメリットデメリット。ロットと価格の関係など紹介しております。

OEMで靴下を製造する際の価格を決める要素、価格があがる要因、価格についての考え方を紹介しております。

オリジナル靴下を製作する際のスケジュール感を確認する

デザインの製作に入る前に、業者と納品までのスケジュールについて相談しておくことをおすすめします。

デザインを入稿するまでの時間、季節や数量によって納期も異なります。

靴下を短納期で製造する際の注意点と、納期についての考え方について紹介しております。

靴下を製作する際の工程ごとのスケジュールをざっくりとまとめてみました。

オリジナル靴下のデザインを製作する

業者に見積、製造ロット、スケジュールなど確認しましたら、いよいよデザインに入ります。

靴下を製作するときのデザインの入稿方法について紹介しております。

編み込みで靴下を製造するときの、ドット絵と靴下編機の関係やデザインの再現性を上げる方法について紹介しております。

靴下をデザインする全ての方に読んでもらいたい内容となっております。

オリジナル靴下のサンプルを製作する

デザインが完成したら、サンプル製作に入ります。

私たちは、ユニクロの無縫製ニットを製造するホールガーメント編機でも有名な「島精機製作所」が開発した、バーチャルで靴下の編地や色を再現可能なデザインシステムを保有しております。

靴下サンプルを製作する場合、デザインが決定しましたら、バーチャルサンプルを製作するところからスタートします。

オリジナル靴下製作に関するよくある質問

編み込みでオリジナル靴下を製作する際に使用する糸の種類、色の選び方、色数について知りたい

編み込み靴下を製作する際の糸の種類や色の選び方、色数制限について産地ごとの特徴も交えて紹介しております。

キャラクターなどの色数変更が難しいカテゴリーにおいて、壁につきあたったときの対処方法についても記載しました。

編み込みでオリジナル靴下を製作するときのデザインについて、どこまで再現が可能か把握したい

オリジナル靴下を製作するときの長さの測り方とサイズの決め方について知りたい

靴下を製作する際の、長さの測り方や、サイズの決め方、伸縮性と長さの関係など詳しく紹介した記事になります。

オリジナル靴下を製作するにあたって注意すべきことを知りたい

私は、ファンシー雑貨メーカーで製造を担当した期間も含めると、靴下に携わって累計で12年目になりました。

失敗を繰り返し壁に突き当たってきた経験を記事にまとめて、靴下を製作したい全ての方々に向けて共有しております。

靴下やタイツ製作の失敗を通じて学んだ、「サンプル確認」の重要さを紹介した記事になります。

滑り止めの強度が求められるトランポリン用の靴下で、「滑り止めが剥がれる」問題が発生したあと、どのように対処し改善したかを、紹介しております。

左右柄違いの靴下を製作し、検品で苦労した経験を紹介しております。

オリジナル靴下製作の製作実績を知りたい

弊社ホームページに弊社が製作してきた靴下の製作実績を紹介しております。

冬物のオリジナルもこもこ靴下を小ロットで製作したい

冬の時期のみ小ロットで製造が可能なもこもこ靴下の製作について紹介した記事になります。

靴下と同じ製法で製作ができるペットボトルカバーを製作したい

靴下の片方のかかとなしからパイル(タオル地)が入っているプレミアムな仕様まで、靴下と同じ製法で製造ができるペットボトルカバーについて詳しく紹介しております。

スポーツ靴下を製作したい

刺繍靴下を製作したい

プリント靴下を製作したい

実際に弊社でオリジナル靴下を製作されたお客様の事例を知りたい

コミックマーケット(冬コミ)に向けたもこもこ靴下

2017年の冬コミ向けのもこもこ靴下製作を通じて、学んだことについて紹介した記事です。

美術館に出店される美術家のグッズとして製作した靴下

2017年冬に、東京にある有名美術館の作品展に出展される美術家のグッズとしてオリジナル靴下を製作した体験について紹介した記事です。

業務提携先と共同で開発販売をしているパディントンベアのキャラクター靴下

台湾靴下工場で製造、現在販売中のパディントンベアのキャクラクター靴下の販売を立ち上げるまでの過程を綴った記事です。

オリジナル靴下を製作したい方へ まとめ

ここまで、オリジナル靴下を製作したい方へ向けて、用途別に整理してみましたが、参考になりましたでしょうか。

靴下をつくる仕事に出会って12年が過ぎました。これらの記事は、12年間の成功や失敗に基づいて書いたものです。

靴下を製作したい全ての方に役立ててもらいたいとの思いから、まとめページを製作してみました。

ご質問、ご不明な点などございましたら、どんなことでもお気軽にご相談下さいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

合同会社ブリングハピネス代表。中国内モンゴルで中国語とモンゴル語を学んだのち、東京のぬいぐるみ雑貨メーカーで9年間生産管理の仕事をする。2014年に起業し、台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、ブランドに向けた「伴走型でじっくり取り組む靴下製造サービス」を立ち上げる。台湾工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、工場と二人三脚で数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルで靴下サンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。

目次
閉じる